心を育てる

心を育てる 心を育てる
初めてのこと

【本当におすすめなの!?】パイナップル豆乳ローションの口コミを徹底分析!

パイナップル豆乳ローションの効果って本当にあるの??子供にも使えるにも使えるって聞いたけど本当??そんなお悩みにお答えします。小学生の子どもの体毛の濃さを解決する手段としてよく耳にする「パイナップル豆乳ローション」の口コミを徹底分析しました。本当におすすめなのか?実際、どんな人におすすめなのかをご紹介します。子どもの「体毛の濃さ」のお悩みを解決したいと思う方必見です。
子どもの生活

【簡単にできる】自立した子供になる・お手伝いで子供の家事力を育てよう

すぐに実践できる子どもにお手伝いをさせる方法です。子どもを褒めて「自信」を付けることで、「お手伝い」へのやる気がUPします。子どもがお手伝いをたくさんするようになると親の負担も減ります。「お手伝い」することで家での役割を果たし、家族に必要とされるようになると、子どもはますます自信を付けて喜びます。
心を育てる

【知って納得】自尊心・自己肯定感を育てて親子関係をスムーズにする方法

「自尊心」「自己肯定感」を持って生きていくのは、子供にも大人にも必要です。ちょっと難しく感じる言葉ですが、具体的にわかりやすく解説します。自尊心も自己肯定感も、自分の中でうまくイメージできると簡単に理解できるようになりますよ。子育て中には特に大切になる心の持ち方の基礎です。
おすすめの本

【親のイライラ解決】子どもに「早くしなさい!」を言わずに済む方法

ついつい子どもに「・・・しなさい」って言ってしまいますよね。命令するような言い方になって、後から反省することも多いかもしれません。子どもが自分で考えて行動できるようになるために、効果的な言い方についてご紹介します。 絵本を通して学べますので、ぜひお子さんと一緒に楽しく読んで試してみてくださいね。
おすすめの本

【遊ぶ約束】子ども同士の約束で大切なこと

小学生になったら、放課後にお友だちと待ち合わせをして遊びたいと言うようになりますよね。そんな時に役立つ約束の仕方を学べる絵本をご紹介します。 お友だちと遊ぶ約束をする時には何が必要か、子どもが自主的に考え行動できるお手伝いをしましょう。この絵本を子どもと一緒に読んで、子どもの自分で考える力を育てましょう。
おすすめの本

【子どもにも伝えたい】リフレーミング法をわかりやすく伝える絵本をご紹介

「リフレーミング法」って知っていますか?マイナスに感じる言葉を、プラスに感じる言葉に置き換えて考える方法です。人と話す時、自分自身の気持ちを考える時に活用できます。リフレーミング法を使うと、前向きで客観的な思考になれます。相手を思いやる言葉を使う事ができ、自分自身の気持ちの受け止めにも効果的です。 この方法を、子どものうちから自然に身に付ける事ができていると、前向きな思考が身に付きます。すると、いろんなことに臆することなく挑戦することもできます。知らないうちに、相手を傷つける事もなくなります。自分自身の短所も、長所として置き換えて考えることが出来るようになって、自分の「強み」をどんどん見つける事ができる方法です。
おすすめの本

【子どものイライラ解消】感情を上手にコントロールできる方法

子どもがイライラした時に、その気持ちを否定してしまうことはありませんか??「イライラ」したり、「怒り」の感情はあまりよくないと思われがちですが、自分の心を守りたいという「合図」なのです。そんな気持ちを無視してはダメですよね。「怒り=イライラ」の感情と自分が向き合い、自分の力で対処していく事が、自分の心にもいい効果になるのです。いろんな気持ちを感じながら成長していく小学生の子どもにとって、わかりやすく「怒り」のコントロールが出来る方法を絵本でご紹介します。
おすすめの本

【簡単解説】子どもにもわかりやすく「自己肯定感」についてわかる本

「自己肯定感」と言う言葉は、最近よく耳にしますよね。実際、どんな気持ちの事を「自己肯定感」と呼ぶのか、簡単に理解するのは難しいかもしれません。そこで、小学生や子どもにもわかりやすく「自己肯定感」についてわかる絵本をご紹介します。子どもに「自己肯定感」を育んでほしいと思った時に役立つ絵本です。 言葉で説明するのは難しいかもしれませんが、この絵本を読めば、子供でも理解できるようになります。もちろん、大人にとってもわかりやすいのでおすすめです。子どもさんと一緒に、ぜひこの絵本を手に取って読んでみませんか??
初めての事

【不安解消】学校に行きたがらない子どもへの対処法

小学校に入学したばかりのお子さんが、学校に行きたくないと言ったら困りますよね?小学校まで、毎日ついていかないと学校に行かない。朝、家を出るときに、泣いたりぐずったりしてしまう。小学校に入るまでは、そういう事がなかったのなら、尚更心配にもなります。入学当初の子どもの環境変化におけるストレスや心の不安に気付いて、 出来る範囲で、無理なく子どもの気持ちを和らいであげましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました