【2022年秋・応募情報】小学生が参加できるコンクール・コンテスト情報

初めてのこと

夏休みの終わり、過ごしやすい秋になりました。
子どもたちが新しい事に取り組むのに、絶好のチャンスです!!

この秋もいろんなことに挑戦して、夏休みを経験して大きく成長した子どもたちの力をどんどん伸ばしていきましょう!!

ほのびこ
ほのびこ

2022年この秋おすすめのコンクール・コンテスト情報の最新版です。
芸術の秋です。子どもたちが取り組めるものがたくさんあるので、ぜひ気になるものはチェックしてみてくださいね

※コンクール・コンテスト情報は掲載時のものを載せています。
各項目ごとに、公式ホームページも記載していますので、応募の際には確認の上、ご応募ください。

全国小中学生“紙リサイクル”コンテスト 2022《小・中学生限定》

ほのびこ
ほのびこ

この秋から取り組めるイチオシのコンテストです!!
紙のリサイクルを身近に感じるきっかけになるので、ぜひおすすめです♡12月が締切なので、しっかり取り組めます

このコンテストは、限りある資源である紙のリサイクルの啓発活動として、多くの小中学生に「紙のリサイクル」について考えてほしいという願いから、毎年行われているコンテストです。

ここ最近、SDGsという言葉も浸透してきて、自分たちの生活する環境のことや未来の地球について、もっと身近に考えていく必要があるんだと実感するようになりましたよね。

小中学生は、特に学校で紙を使う機会も多いです。

何気なく捨ててしまっている紙について考えるきっかけになる素敵なコンテストです!!

締切  2022年12月09日 (金)

作品提出・応募締切、消印有効

●文部科学大臣賞(最優秀作品)(作文部門・ポスター部門各1点/計2点)
 賞状、楯、5万円分の図書カード
●金賞(優秀作品)(各部門1点/計4点) 
 賞状、楯、3万円分の図書カード
●特別金賞(優秀作品)(3点) 
 賞状、楯、3万円分の図書カード
●銀賞(4点) 
 賞状、楯、1万円分の図書カード
●銅賞(12点) 
 賞状、2000円分の図書カード
●学校特別賞(2校以内) 
 賞状、5万円分のギフトカード
●学校奨励賞(2校) 
 賞状、2万円分のギフトカード

※参加賞として応募者全員に「紙リサイクルノート」進呈

募集内容テーマにそった作文またはポスター
【テーマ】
・紙リサイクルに関する活動・体験やアイデア
・紙リサイクル活動と持続可能な社会づくり

【部門】
(1)作文小学生部門
(2)作文中学生部門
(3)ポスター小学生部門
(4)ポスター中学生部門提出物

●作品
※原作を送付すること
※一人で複数の作品を応募する場合は、「作品名」で違いを明確にすること
※作品1点ごとに応募票(公式ホームページよりダウンロード)を添付

【作文部門】
※原稿用紙400字詰3枚(1200字)以内
※手書きに限る

【ポスター部門】
※四つ切り(39.5×54.5cm)以内、絵の具・パステル等、画材は不問
※立体は不可(古紙等を使用した貼り絵、切り絵の表現は可)
※裏面にポスターの意図を記入すること

参加方法
提出物を下記提出先まで送付

参加資格
全国の小学生・中学生
※共同制作は不可
※学校を通じて応募、あるいは家庭から応募(個人応募)すること

参加費  無し

結果発表2023年2月上旬以降、入賞者本人と学校に通知するとともに、公式ホームページにて発表

著作権の扱い 
応募作品の著作権は公益財団法人 古紙再生促進センターに帰属

主催  公益財団法人 古紙再生促進センター

提出先・問合先
〒105-0013
東京都港区浜松町1-23-4 浜松町昭栄ビル4F
「全国小中学生“紙リサイクル”コンテスト 2022」事務局(CISC内)
tel : 03-5777-1322 / fax : 03-3432-4044

ほのびこ
ほのびこ

公式HPの「応募の手引き」はすごく参考になります!!

ココを見ているかどうかで作品の仕上がりが全く違ってきますよ♡必ずチェックしてくださいね!!

第19回 手づくり絵はがきコンクール

日本製紙連合会は、小学生を対象に、牛乳パックなどを一度パルプ液に戻してから抄いた紙に「夏の思い出」を描いたオリジナルの絵はがきを募集する「手づくり絵はがきコンクール」を開催いたします。

当コンクールは、資源を有効活用する「紙のリサイクル」体験を通じて、次世代を担う小学生に資源循環型産業である製紙産業を知ってもらうとともに、「紙への親しみ」並びに「リサイクル活動への興味」を育んでもらうことを目的に 2004 年より開催しており、本年で 19 回目を迎えます。


応募者全員に「参加賞」としてオリジナルノートを、10 名以上まとめてご応募いただいた学校及び団体には図書カード 3,000 円を進呈します。

また、団体の部、個人の部、各部の最優秀賞を受賞した方々には、表彰式を執り行なう予定です。

募集内容

牛乳パックなどをほぐして、紙すきしたハガキサイズの紙をご使用ください。
画材は絵具、クレヨンなどいずれも使用可能です。

【募 集 テ ー マ】 「夏の思い出」

主催者

日本製紙連合会

・団体の部
最優秀賞1団体 賞状及び図書カード10万円分
優 秀 賞2団体 賞状及び図書カード3万円分
特 別 賞5団体 賞状及び図書カード1万円分

・個人の部
最優秀賞1名 賞状及び図書カード3万円分
優 秀 賞6名(各学年1名) 賞状及び図書カード1万円分
特 別 賞30名 賞状及び図書カード3千円分


【参加賞について】
応募者全員にオリジナルノート、10名以上応募の学校及び団体には、参加賞として3千円の図書カードを進呈

締切日 2022年09月30日(金)

前回応募数

3759点

応募資格

小学生

団体の部・・・クラス単位、学年単位、学校単位などで応募
個人の部・・・個人単位で応募 ※団体の部で応募された個々の作品は個人の部でも審査されます。

応募規定

●締切り

2022年9月30日(金)当日必着

●応募方法
ホームページにある応募用紙に必要事項を記入し、作品と一緒に郵送してください。

・団体応募の場合
 団体用の応募用紙(代表者記入用)に記入の上、また応募作品カードを各作品裏面にしっかりと貼り付けてください。

 団体用応募用紙はこちら>>

 団体用作品カードはこちら>>

・個人応募の場合
 個人用の応募用紙に記入の上、作品の裏面にしっかりと貼り付けて ください。

 個人用応募用紙はこちら>>

応募先

〒104-0061 東京都中央区銀座 5-14-1 銀座クイントビル 7F
(㈱クオリアート内)「手づくり絵はがきコンクール」係

第39回(2022年)わたしの自然観察路コンクール

1984年に始まった『わたしの自然観察路コンクール』は、身近な自然のおもしろさを発見し、自然を観察できる道を自分でつくって絵地図と文章で表現していただいたものを「自然観察路」として審査・表彰するコンクールです。
自然観察ではたくさんの “不思議” が見つかります。それを調べたり、周りの人と相談したりするうちに、ワクワク・ドキドキする気持ちがどんどん生まれてくるでしょう。その気持ちをギュッと絵地図と文章に詰め込んで、コンクールを通じて多くの人に紹介してください!

募集内容

自然を観察できるポイントとその周辺を描いて、絵地図を作ってください。

見つけた生きものの様子や植物を観察して感じたこと・気づいたこと・不思議に思ったことなどを、観察ポイントごとにわかりやすく説明してください。

(1)応募作品は自作かつ未発表のものに限ります。
(2)団体部門でのご応募の場合、個人応募では達成できない何か特長・ユニークさ(共同で作成する必然性)があることが好ましい。
(3)応募作品の所有権・著作権は、主催者に帰属するものとします。また、その作品を主催、協賛、後援の各社のホームページや印刷物等に掲載することがあります。
(4)入選作品は公開しますので、公開されては困るような内容を作品に掲載しないでください。
(5)応募作品は返却いたしません。

主催者

公益信託富士フイルム・グリーンファンド、公益社団法人日本環境教育フォーラム

※第37回の賞品です。次回も同等の賞品を予定しています。

環境大臣賞
(富士フイルム賞)デジタルカメラ FinePix XPシリーズ
SDHCメモリーカード8GB
(フォーラム賞)3.5倍ポケットルーペ、オリジナル野帳
※製品カラーは自然観察路コンクール事務局にご一任ください。
※団体部門もチームで1つの賞品となりますこと、予めご了承ください。


優 秀 賞
(富士フイルム賞)チェキ instax mini 11
インスタントフィルム instax mini(10枚入×2)
(フォーラム賞)3.5倍ポケットルーペ、オリジナル野帳
※製品カラーは自然観察路コンクール事務局にご一任ください。
※団体部門もチームで1つの賞品となりますこと、予めご了承ください。


入   選
(富士フイルム賞)コンパクト6倍双眼鏡 KF6×21H
(フォーラム賞)オリジナル野帳
※製品カラーは自然観察路コンクール事務局にご一任ください。
※団体部門もチームで1つの賞品となりますこと、予めご了承ください。

締切日 2022年09月30日(金)

結果発表

2022年12月上旬 予定

応募資格

全国の小・中・高校生(個人部門と団体部門があります。)
※ 団体部門: 2名以上のチームで、学年や学校区分等は不問。
  小・中・高をまたいでも構いません。

応募時の会員登録

不要

応募規定

●締切

2022年9月30日(金)(当日消印有効)

●応募方法

1. 絵地図を作る
自然を観察できるポイントとその周辺を描いて、絵地図を作ってください。
場所・季節は自由です。絵の具、色えんぴつ、クレヨンなど画材も自由です。
用紙は、小中高生が四つ切(38×54cm)、団体部門が半切り(54×76.5cm)程度の画用紙や模造紙としてください。
※ 団体部門の応募について、用紙サイズの指定が変更となりましたのでご注意ください。

(1)道の長さは1~2㎞(観察しながら歩いて1~2時間)くらいとし、必ず「○○の観察路」などのタイトルをつけてください。
(2)道の途中に観察ポイントを設定して下さい。観察ポイントには必ず番号を振って下さい。
 ※ 小学生は5カ所以上、中・高生と団体は10カ所以上。
(3)観察した生きものや地形の様子・特徴を描いてください。
(4)観察路のまわりがどんな場所なのかも描いてください。
(5)スタート地点からゴールまで、観察する道順を矢印など使って、わかりやすく描いてください。
(6)用紙の裏面に、必要事項を記入した応募用紙をしっかり貼り付けてください。

2. 説明文を書く
見つけた生きものの様子や植物を観察して感じたこと・気づいたこと・不思議に思ったことなどを、観察ポイントごとにわかりやすく説明してください。
原稿用紙は ここからダウンロード(WORD・238KB)できます。市販の原稿用紙でも構いません。
縦書き、横書きのいずれも可。手書きとパソコン作成、いずれでも可。
(※)小学生は、自然観察で感じたワクワク・ドキドキの素直な気持ちを自分の言葉で作文してください。
(※)中学生・高校生は、自然の魅力・人と自然との関わり方などについて、より多様な視点で観察したことを説明してください。
(※)文字数オーバーは減点になります。

(1)説明文の表紙に、必要事項を記入した応募用紙を貼り付けてください。
(2)観察路全体のことを400字以内で説明してください。(見どころや特徴、見つけた生きものや植物を観察して感じたこと、気づいたことなど)
(3)観察ポイントの特徴を、1カ所につき200字以内で説明してください。(小学生は 5カ所以上、中学生・高校生・団体は 10カ所以上。)  ただし、観察ポイントの中で1番伝えたい所(1か所だけ)は、400字以内でより詳しく説明できます。
(例:地元の人に聞き込みをしてわかったこと、定点観察をしてわかったこと、人間の目線でなく、昆虫や植物などの目線で伝えたいこと、観察してわかった環境保全上の問題点や課題、解決方法のアイデア など)
(4)団体部門での応募は、説明文の最後に、チーム名・代表者の氏名・学年、その他メンバー全員の氏名・学年と役割分担を記入してください。
 

3. 応募用紙を書く
応募用紙2枚に必要事項を記入してください。(1枚に記入し、もう1枚はコピーでも可。)
1枚は絵地図の裏面に貼りつけてください。もう1枚は、説明文の表紙に貼りつけてください。
※ はがれないように、しっかりのり付けしてください。

わたしの自然観察路コンクール応募用紙(PDFファイル 426KB)

※ 反社会的勢力排除の観点から、たいへんお手数ではございますが、各項目に
洩れなくご記入いただきますよう、ご協力をお願い致します。
 

4. 作品を送る
封筒のサイズなど特に指定はありません。折りたたんでいただいて大丈夫です。
作品に折り目があっても、審査等にはまったく影響はありませんので、ご安心ください。

それでも、作品に折り目を入れたくない!という方は、
・段ボール箱を平たくして、作品を挟んで、宅配便で送るという方法が一般的です。
あるいは、
・筒状の箱に入れて送って下さる方もいらっしゃいます。

応募先
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル1階
(公社)日本環境教育フォーラム 自然観察路コンクール事務局 宛て
TEL:03-5834-2897  E-mail:kansatsuro@jeef.or.jp

第10回 今、あなたに贈りたい漢字コンテスト

締切 2022年09月22日 (木)

作品提出・応募締切、必着


●絆大賞(各部門1点) 賞状、5万円相当の副賞
●日本漢字能力検定協会賞(各部門1点) 賞状、3万円相当の副賞
●審査員賞(各部門3点) 賞状、1万円相当の副賞
●佳作(各部門10点) 賞状、5000円相当の副賞
●団体賞(全4団体) 賞状

募集内容
あなたが伝えたい気持ちを表す漢字1文字とメッセージ
※応募者本人の創作で、未発表の作品に限る
※第三者の著作権その他の権利を侵害しない作品であること
【テーマ】
贈りたい漢字とメッセージ



【部門】
(1)小学生部門
(2)中学生部門
(3)高校生部門
(4)大学生・一般部門提出物●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
※メッセージは120字以内
※応募点数は不問、ただし受賞作品は一人1点とする参加方法提出物を下記提出先まで郵送
または、公式ホームページの応募フォームより投稿

参加資格  不問

参加費   無し

審査員

●審査員長
橋本五郎(読売新聞特別編集委員)
●審査員
ゴルゴ松本(お笑い芸人)
やすみりえ(川柳作家)
華雪(書家)

結果発表2023年1月下旬ごろ、公式ホームページにて

著作権の扱い応募作品の著作権(著作権法第27条および第28条に規定する権利を含む)は、応募の時点で公益財団法人 日本漢字能力検定協会に帰属

主催公益財団法人 日本漢字能力検定協会

提出先・問合先【送付先】
〒605-0074
京都府京都市東山区祇園町南側551番地
公益財団法人 日本漢字能力検定協会
「今、あなたに贈りたい漢字 コンテスト」 TR係
【問合先】
公益財団法人 日本漢字能力検定協会
tel : 0120-509-315

第47回 「小さな親切」作文コンクール《小・中学生限定》

締切   2022年09月22日 (木)


作品提出・応募締切、必着



●内閣総理大臣賞(1名) 副賞
●文部科学大臣賞(1名) 副賞
●「小さな親切」運動本部賞(小・中 各1名/計2名) 副賞
●特別優秀賞(小・中 各3名/計6名) 副賞
●優秀賞(小・中 各10名/計20名) 副賞
●入選(小・中 各50名/計100名) 副賞
※副賞はメダル・電波時計等
募集内容
テーマにそった未発表の作文
※本人による作品に限る

【テーマ】
小さな親切
【特別テーマ】
思いやりは心のワクチン


提出物
●作品
※400字詰め原稿用紙3枚(1200字)以内(題名・氏名等は含まず)
※作品の冒頭に以下の事項を記入すること
題名・学校名・学年・氏名(フリガナ)
※学校・地域組織(道府県本部・支部)でまとめて応募する場合は、応募添付書(公式ホームページよりダウンロード)に必要事項を明記して送付すること
※個人で応募する場合は学校住所・自宅住所も記入すること
※応募は一人1作品とする
参加方法
提出物を下記提出先まで送付
参加資格
小学生・中学生
※小中学生と同じ学齢の者を含む
参加費
無し

結果発表
2022年11月中旬、毎日新聞および公式ホームページ等にて

著作権の扱い
応募作品の所有権および著作権は公益社団法人 「小さな親切」運動本部に帰属

主催
公益社団法人 「小さな親切」運動本部

提出先・問合先
〒101-0061
東京都千代田区神田三崎町2-20-4
公益社団法人 「小さな親切」運動本部 作文コンクール TR係
tel : 03-3263-2866 / fax : 03-3263-3838

コメント

タイトルとURLをコピーしました